薬剤師の転職について

転職をして労働条件を改善する記事となります。 薬剤師資格を持った人が転職するケースはよくあることです。この資格は日本国内共通でどこでも通用します。また慢性的な人材不足もあり希望する職場に転職しやすい職種です。ここでは薬剤師が病院薬局からドラッグストアに転職するケースを考えてみましょう。まず給与などの待遇面ですがドラッグストアでは一般的に薬剤師手当が支給されることが多く、病院薬局に比べると給料は良くなります。それに時間外勤務はなく過密な労働を強いられることはまずないでしょう。大手チェーンには24時間営業のところも増え、長時間労働を強いられないか心配かもしれませんがそのようなことはありません。交代勤務制を採っているところが殆どだからです。例えば薬剤師の勤務時間以外では登録販売者が穴埋めしたりとフレキシブルに対応しています。

反面仕事内容は楽なことばかりとは限らず、例えば商品を店頭に品出ししたり店内の掃除をしたりと一般の店員的な仕事も任されます。転職を希望する際にはそうした雑用があっても構わないという人であれば問題はないでしょう。医療費の自己負担比率の増加や高齢化社会によって在宅での医療やセルフ・メディケーションのニーズも増えることが予想されドラッグストアでの薬剤師の役割も今後増すことでしょう。

注目の情報

Copyright (C)2022転職をして労働条件を改善する記事となります。.All rights reserved.